プロフィール
相談員
森 安恵
Mori Yasue

渋谷区立小・中学校、都立新宿高校、早稲田大学卒。
1964年東京五輪でフランス語通訳を務める。
日仏会館勤務の後、高級品輸入卸し会社に30年弱勤務
(この間、約3年間ローマ勤務)
フランスのネクタイ・メーカー社長として3年間パリ在住。
帰国後、高次脳機能障害・聴覚・視覚障碍者のサポートをボランティアで行う。
JICAのシニア・ボランティアとして2年間チュニジア環境保護庁勤務。
帰国後、「蜷川幸雄のさいたまゴールドシアター」に2年間在籍。

活動経歴

2008年8月 
渋谷区の児童福祉センターにて「SHIBUYAわかもの支援相談室」創設。

2011年
建物の老朽化によりセンターの取り壊しが決定。

2013年4月
西新宿の「サラリーマン文化芸術振興会」事務所を借りる形で移転。
名称を「森のわかもの支援室」に改める。

2013年6月に湯島相談室を開設。
2014年1月 相談室公式ウェブサイトを開設。

利用者を中心にしたイベント「森のイベント」を定期的に開催。
11月には霞ヶ浦にてBBQやドラゴンボートなどをみんなで楽しんでおります。

ごあいさつ

私は、「相談員は雑談力」をモットーに、 わかものや保護者たちの話に耳を傾け、 来室された方々たちが、破顔一笑するまでお話します。 雑談力の幅が広がるのは好奇心旺盛で、色々なことに興味を持ち 人生初のことにはチャンスを逃さず挑戦します。

例えば、2010年には "K2" の4,700m まで登り、 2011年には小型船舶操縦士2級の免許を取得しました。 動物・植物・昆虫など生き物も好きです。 大学生の頃は蝶(特にアゲハチョウ)を飼育していました。 釣りも好きですね、今はあまりチャンスがありませんが・・・。

趣味は、旅行・フルートを吹くこと・料理・読書・ 映画鑑賞・庭いじり・ダベリング(飲みながら)・ 花をいけること等々いろいろあります。

いろいろな国の人、いろいろな人種と仕事をし、 遊んだりおしゃべりをしましたが、 みんな違って、それぞれ楽しいですね。

知らない人と会うときはワクワクします。 人が好きなので、この仕事が続けられるのだと思います。 わかもの達が自分のできる事をみつけ、 楽しく生きていけるようになってほしいです。

Copyright (C) 2013 - 2017 Mori Yasue All rights reserved.